僕は運命力が少ない

ヴァイスシュヴァルツのCLANNAD vol.4はまだですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遊戯王】新環境における六武衆

内容がないようって感じなんでまともなことを書きます。
箇条書きで
・ルール変更の影響
露払いとブリュ以外はなし。
カゲキ露払いが少し弱くなったけど、勾玉で奈落などを消しながら露払い、ブリュを通していくことができるデッキだし、他のデッキが弱くなったことを考えるとむしろ相対的でこそあれ強化されてる。

・改訂で受けた影響
門が制限でぶん回してゲーム壊す力が落ちた。
モンスターのスペックは割と可哀相なものがあるので実質シエン等のシンクロによる制圧に賭けるデッキになった。
妨害はとんとん。制圧力落ちた代わりにシエンを立てやすくなったと読み替えることができる
バニラビートになりがちで除去に難がある点で死霊緩和が少し辛いか。

・EXV
ご隠居と道場だけ。
ご隠居は基本的にはいらないし、道場も寄子を出すのは弱かったので両手を上げて強化された、と喜ぶところではない。
ナチュビ出るのは魅力かとおもいきや、ナチュビを出すために割かなきゃならないスロットがデッキパワーを下げる始末。

・ではどうなるか。
前環境の旋風のような安定ビートを目指すことになると思う。
活人結束はまだ生きてるし、BFが相手のアドを削り、ブリザードで引き離す動きをしていたのと比べると相手に干渉できない札が多いので工夫こそ必要だが、引き離す力はBF以上にある。
ならば、体制を整えながらイーブンに持ち込み、そこで引き離すのが勝ち手段であり、体制を整える過程でシエンはとても強力なサポートとなりうる
スポンサーサイト
  1. 2011/03/03(木) 01:04:51|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遊戯王】カエルについて | ホーム | 【雑記】ソロモンよ!私は帰ってきた!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oremoro.blog137.fc2.com/tb.php/115-af94dffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。